忍者ブログ
::保護犬だったポメラニアンのポエットちゃんの、新たな犬生の歩み::
[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今月の病院

朝のお散歩でうんPもしっかり出して♪
病院へれっつらGO~♪

ふに~。。

すっかり病院に行く時のスタイルとなりつつあります。
月に1回しか使用していませんが、すっかり慣れたご様子で。
こういう時は離れて歩く私を見たりもしますが、大抵は外の景色を
ポエットちゃんなりに、楽しんでいるようです。

今日の病院も空いていました。
先々月に見てくださった先生、いつものようにフィラリアのお薬もらって、
あと耳の掃除もお願いすることに。

ところが、今日は耳の掃除をやけに嫌がるポエットちゃん。
というのも、先生が器具?で、耳の中を見ようとしたら、
器具の頭?の部分が装着できておらず、ポエちゃんの近くで落ちてしまいました。
勿論当たらなかったのですが、それに驚いてポエちゃん、ビクビク。
音に非常に敏感なので、ずっと声をかけつつなでつつでしたが、
耳を触った瞬間からこっちに、抱っこ!抱っこして!もー、嫌っ!
みたいな状態になりました。
普段は大人しく診察台の上にあがっていたので、さっきの音は本当に怖かったのね。
少し抱きかかえてなだめ、私のほうで耳をさわって見える状態にして診察続行。

そしたら、出るは出る!先月よりも、先々月よりも!
こりゃまた、びっくり!
先月は多少出たという感じでしたが、今月は・・・
だからといって、量は異常ではありませんが、毎月お掃除してるのに、これだけ出るのは・・・
と先生からも言われ、お耳の洗浄用にお薬を処方してもらいました。
耳に直接たらして、耳の根元?付近をもんでやれば、ブルブルっとしたときに
耳カスが出るので、ふき取ってあげればOK。
実家で飼ってたポメっこにもやってあげた事があったので、特に不安はありません。

お耳、臭くないのにね、そんなに入ってるとは・・・
でも、取れっぷりを見て私も誰かに耳掃除をやってもらいたかったよ、なんて。


病院の帰り道、落ちた栗を拾っているおばあさんを発見。
見た感じ、90歳前後では?という感じ、とってものんびりした雰囲気をお持ちの方。
近くを私達が通ると、「これ、あげます~・・・」といって、一所懸命手を伸ばし、
私達の方に栗を差し出して下さいました。

栗。

私:わ~、頂いていいんですか?
おばあちゃま:いいです、ここの家の栗ですけどね。

ゆっくりとした、でもしっかりとした口調でしゃべって私に渡してくださって。
東京に住んで、知らない人から物をもらったのが初めてだったので、
ちょっとほっこり、なりました。
(長崎では電車のBOX席で一緒になったおばさんに飴もらったとか、ありましたが)
栗、久々だな~、ゆがいてみようかな。
実家には栗木があるので、実は食べ放題だったんですが、こっちにきて、
パタンと食べなくなりましたわ、そういえば。
自分の中に買って食べるという感覚がイマイチ、ない。
なんて贅沢な環境に居たことか、離れてみてわかる故郷のありがたさ、です。



【診療明細】
フィラリア薬3.7kg以下 560円
耳処置 500円
オーツイヤークリーナー10ml 300円

計 1,428円(税込)

体重 2.58kg、体温 38.2度
PR

月初めの病院

早く自宅を出るはずが・・・今日もやっぱり出たのが10時ちょい前。
外はジリジリ暑い、尋常じゃないよね。
こんな時、車が無いのは不便です。
歩いて行ける病院が、遠く感じます。

さ、保冷剤を入れてオットには日傘を持ってもらって。

れっつ病院

ま、こんなまったりな道路をテクテク歩いていくわけです。
これは一本奥の道路を通ってるので、車が殆ど通らず。
住宅の中を通り抜けていく感じで、静かでいいですね。
でも、暑い・・・。

沢山のわんこが待合室に居ましたが、あっという間にハケて、
今日はさほど待たずに診察室に入れました。
ここで10分くらい待たされたけど(爆)
今日も違った先生だわ、名前は・・・なんという先生なのかな~。
男性の、若い先生でした。

・フィラリアのお薬1回分の処方
・耳の掃除
・爪きり

今回はこの3点をお願いしました。
左耳がちょっと汚れてましたが、でもこの汚れというのは
酷い汚れではないので、奥にたまったものを綺麗に
拭い取ってもらうことに。

でます、出ますねー、私もやってみたいですが、
素人がやっていい行為ではありません。
ムズムズしながら、見てました。

ここのお医者さんは、とても優しい口調でわんこに話しかけて下さいます。
一緒に聞いてる私たちも、何だか安心ですよね。


次に、爪きりです。
お姉さんに撮影の許可を頂きまして、撮っちゃった。

爪きり。

ポエちゃん、終始ほめられっぱなしです。
肉球はとても敏感な部分。
ここを触られるのを嫌がるわんこは多いそうです。
ですが、ポエちゃん・・・とっても大人しいの。

お姉さん:わ~、いい子、本当にいい子ね。ここまで大人しいわんこは居ないわよ~。

そら、良かった。
私、わんこの爪きりやった事ありません。
怖くて・・・できないのです。
白い部分を切ればいいとは知ってますが・・・やっぱ駄目。
なので、お願いすることにしました。

爪きりやった事がある人には・・・知られたやり方とは思いますが、
私はなるほど~と思ってしまった。
馬のひづめを洗ったりする時などを思わせるやり方なのですね。
基本的には爪を切ってる状態を見えないようにする。
わんこが、甘えて登ってきたりするから、だそうです。
後ろに肉球を見せる形で少しずつ切っていました。
ケアが上手なスタッフさん、専門だから当然でしょうが、お見事。

さくっと終わって帰り途中のコンビニで我慢できずにアイスを購入。
これで、希望をもてて暑い中、帰宅することができた。

帰宅したら11時近く、ちょっと早いけどチャーハン作ってビール飲んで♪
いやぁ、昼間の暑い時からいいね~♪
二人で500ml1本、基本はこの飲み方ね、安上がり。

さて、ポエットさんはと言いますと・・・

ココが好きなの。

まったり気分。
気持ちよさそうです。
いっつも、手の広がりが気になるところですが、
ポエちゃんはこれがいい感じ、のようです。


【診療明細】
フィラリア薬3.7kg以下 560円
耳処置 500円
爪きり 500円

計 1,638円(税込)

体重 2.60kg、体温 38.4度

フィラリアのお薬もらいに・・・

今日も朝から暑いね~、暑くても、何故か朝方になると
足元にきて寝るポエットちゃん、最近ではオットが寝てる所にも
行くようになってきました。

病院9時から、本当は遅くとも9時には家を出たかったんだけどね、
夫婦して寝たのが3時でしょ、7時30分に起きたのがやっと。
ポエちゃんの朝食を準備して・・・元気いっぱいなポエちゃんを見てると、
私もしっかり目が覚めてきます。
準備は私がして、オットを起こすために「ポエちゃんにご飯あげてよ~」と言うと、
ムクっと起き上がるオットです。
以前では絶対起きなかったくせに、こちらも変化は大きいね。

朝食食べて、すぐにうんP。
で、少ししたらちーしたので、うん、これで病院で長く待たされても大丈夫ね。
腰が痛かったので、引き続きポエちゃん抱っこ係はオットにお願いを。

病院に着いたら、大きなコーギーが二匹。
ちょっと太め?でも、近くでみると迫力のある長さ。
どーしても、ボンレスハムが横切る(爆)
こちらを見つけて、勢いで二匹吠え出した。
吠えるから、病院の中に連れて行かないんだって。
だから中で奥さんが待って外で旦那さんが待っていた。

中に入ると、更にコーギーが診察を終えて部屋から出てきた。
挨拶がわりに、ポエちゃんの体をくんくんくん。
まだまだま、くんくん、くんくんくん。
直後、ポエちゃん、ギャルゥゥ!!

(爆)

今までに聞いたことがない怒りかた。
こっちも驚いたが、一番驚いたのは、くんくんしてたコーギー。
足元もつれて、すってんころり、みたいに転んじゃいました。
ごめんね、飼い主さんにお詫び、コーギーに頭なででおわび。
飼い主さんも、笑って「怒られちゃったね~」って言って下さったけど、
次から気をつけよう・・・。
ポエットさん、吠えるときは吠えるのね。

今日は前回とは違って30分待ち。
診察室は3部屋あって、みんなベテラン院長先生に診てもらいたかったら、
受付の人に、「院長先生でお願い」って言ってた。
私たちは、お薬もらって、ちょっと気になる点を聞きたかっただけだから、
指定はしなかった。
だからだろうか、30分くらいで呼ばれて診察室の部屋へ。
その間、にゃーにゃー鳴く猫にゃん、老犬っぽいシーズー、
いろんな動物が出ては入って、入っては出て。

今日は女医さん、とっても丁寧に説明してくださった。
ポエちゃん、耳を家具にこすり付けてたので、昨夜、綿棒で奥のほうを
少しかすってみたら、汚れが取れたので、もしかして、耳汚れてるかなと思い、
ふき取ってもらいました。
実は、綿棒での奥までほじってみる行為はNG。
見えないところをさぐりながらやるのはとっても危険。
耳の中が腫れたりしたら、余計に汚れが外に出ないから。
幸い、洗浄液を処方するほど汚れていなかったので、大丈夫でした。
シャンプーなどしたとき、シャワーで水が少し入っちゃったくらいは、OKだそうです。
(もちろん、意図的など入れるのはNG、たくさん入るのもNG)
水が奥にたどり着いて、わんこがブルブルっとやって水を外に出るから、
そこで拭き取るといい、と教えて下さいました。

皮膚もちょっとカサブタみたいなものが、尻尾の近くにできてたので、
気になったので聞いて見たけど、特に皮膚が赤くなって炎症を
おこしてるわけでもないし、本人がかゆがってないのなら大丈夫とのこと。

ポエちゃん、先生が心臓の音を聞いたとき、
「大抵のわんちゃんは、病院にきたら興奮して心拍数が上がるんですが、
この仔は落ち着いてますね~」と言ってました。
ポエちゃん、すごいね。
私、ポエちゃんを病院に連れていくだけで、何だか緊張してたのに。
(どーも、病院は苦手・・・)

会計を待ってる間、先生がお薬を持ってきてくださった。
最初は、まとめてもらいますか?1回ずつもらいますか?って聞かれたけど、
毎月病院に来たいので、1回ずつ処方してください、とお願いしました。
遠い病院じゃないし、別にいいやー、みたいな。
フィラリアのお薬は、リアルタイムで虫を殺すのではなくて、
先月蚊に刺されたとしても、育つ前に殺すという、1ヶ月のズレ?みたいになってるので、
ポエちゃんの場合は、先月は6日に飲ませたので、これは守って下さいねと言われました。
そうだね、1日くらいズレてもいいや、って思っちゃ駄目だね。
ちゃんと飲ませておいたら、まず感染は考えられないので、
来年は検査も必要ないと思いますと言って下さったけど、
オットと話して、血液検査もあわせてやってもらうことにしようと決めました。
年に1回だけだもんね。

待合室で、元気そうなおばさま集団が居た。
「あら~、可愛いね~」
「小さいわね~」
「あらら~」
や、一斉にこっち見て話してるからそれに乗っかった。

「女の子?ま~ちいさいわね~。
「犬種は?え、ポメちゃんなの?ポメって種類が減ってるのに珍しいわね~」
(え、まじで?知らなかったわよ)
「ま~、9歳なの?見えないわね~」

ここで保護犬を引き取ったと伝える。

「あら~、良かったわね~。」
「いい夫婦に飼ってもらったわね~」
「お姫まになったのね~、良かったね~、ほんと良かったね~」

この間、チワワ君と、抱っこされたわんこ(犬種忘れたわ)が
ポエちゃんをくんがくんがくんが。
怒るなよ、怒るなよと内心思いながら、わんこの頭をなでたりして、ポエちゃんの間に入る(爆)
でも、良かったねと言ってもらってよかったね、ポエちゃん。
足元には、心臓の弱いコーギーとダックスのMIX犬が居た。
でも見た目はコーギー。
尻尾があるのよ、立派な尻尾が。
やっぱり尻尾があるほうが断然可愛いわよ。

病院に着いたのは10時45分、出たのは11時50分ほど。
次回こそ、早く出ようっと。

お薬
フロントラインはネットで購入しました~。
とりあえず一箱あったらしばらくは大丈夫、ね。


【診療明細】
再診料 300円
フィラリア薬3.7kg以下 560円
耳処置 500円

計 1,428円(税込)

体重 2.64kg、体温 38.1度
(前回よりも鑑札とか付けたから、実際の体重は更にすこーしだけ軽いかも)

苗字が付きました

昨日で二週間のトライアルが終了したので、
早速、動物病院に行って来て、手続きをしてもらう事にしました。
自宅のすぐ近くにも病院があったけど、まずは気になってた15分くらい先の
病院まで行ってきた。
平日行っても良かったんだけど、土日もやってる病院なので、
オットと一緒に行きたかったからである。

狂犬病の注射の日でもあるわけで・・・なんか、病院・注射というだけで、
朝から私が緊張していた(爆)
やはり、注射は苦手である。
自分がされるわけじゃないのにさ。

オット:ママが気弱じゃ駄目だよねー、ポエちゃん。

や、おっしゃる通りで面目ない。

さて、時刻は既に9時を回っております。
外はいい天気、夏ちっくなので歩いて15分くらいだけど
準備は必要ですね。


保冷剤です、キンキンに冷えております。


まずはタオルにくるんで、底面に敷きます。


冷えすぎても駄目なので、更に上からもう1枚タオルを。
ん、ほのかにヒンヤリ状態です、ぐー♪

ペットボトル凍らせようかとも思ったけど、いい大きさのものが見つからず。
でも、保冷剤でもいい感じですね。^^
オットがポエットちゃんのバッグ係。
加えて、日傘もセットで持ってもらいました。


病院は、二階建て。
二階も待合室のようですが、特に上がらず一階で待つことに。
いろんなわんこ、にゃんこが来診、でもポエットちゃんは
落ち着いてます、吠えられても動じずです。
(逆に大型犬に吠えられてこっちがビックリしてる始末(爆))

本日の目的は、登録と狂犬病予防接種。
あと、小型犬特有のぜぃぜぃが出るので、そこら辺も聞いてみることに。
ま、結果は問題なしでした。

ただね、標準だけどちょっとだけ太ってるかな、とも言われた(爆)
肋骨を触って、肋骨がこう、指で感じられればいいらしい。
(あくまで、目安ですが)
なので、頑張って痩せろというレベルじゃないそうです。
今までの診察内容については、仮ママさんが下さった記録一覧を見せました。

お散歩はどうしてますか?と聞かれたけど、リードに慣れてないこと、
外に出すと、どうしていいかわからない、という状態になると伝えると、
「今までの環境が環境なだけに、無理に散歩に出さなくてもいいですよ」
みたいな事を言われました。
そだね、私達も無理強いするつもりはないからさ、
外の楽しさ、お散歩の楽しさをポエちゃんが知ったら、その時は
いっぱいお散歩しようね、と思っているので、私もそれでいいと思う。

何よりも、我が家に来てまだ2週間だもの。

環境になじむ事が本当に早く、2週間という期間がもっと長く感じるけど
本当は2週間なんだよね。

色々お話しを聞いてくださり、また詳細に話してくださり、
いい感じかも、ここのお医者さん。
今までの環境に加え、この2ヶ月の処置内容を見て、
色々頑張ってきたねと言って、暖かい目でポエットちゃんを見てくださいました。

「歯石も綺麗にとってありますね、でも少し歯茎が腫れてますから、
ルゴールを歯茎に綿棒でぬってやると、いいですよ。」

・・・・?
ナンドスカ?って顔をしてたら、うがい薬にも入ってる成分だと教えてもらう。
処方しましょうか?と聞かれたので、お願いしました。

診察台の上では大人しく、それ以外は抱っこしてると
気持ち、しっぽが震えてるポエットちゃん。
注射も暴れる事なく、すんなりOK。
本当に、おりこうさんで診察を終えました。

ポエちゃんは、トライアル前にICチップをつけられているのですが、
病院では一応その確認もされました。
診断中のときには何も言われなかったけど・・・待合室で支払い待ちの時、
先生が、一言、「犬と一緒に海外に行く予定とかありませんか?」と尋ねてきた。
何でも、ICチップというのは、世界に1つだけの番号ではなくて、
最近のは頭に国の識別番号が入るんだけど、ポエちゃんのはそれがないそうだ。
なので、海外に連れて行った場合は認識しませんといわれました。

そんな予定ないです(爆)

重慶市という所では、ICチップの義務化が決まったとか。
中国ですよね?ぶっちゃけ、いいイメージを持っていませんが・・・
中国という国は、それこそ都市部と地方での貧困の差が激しいですから、
やるなら国内全てでやらないと・・・効果はないと思う。
大きな一歩ではありますが。

病院の入り口には、盗難されてしまったチワワ、ミッシェルちゃんの
ポスターが貼られてありましたが、随分色あせてしまってました。
blogはそのまま、コメントにあるように飼い主さん、引っ越されてしまったのでしょうか。
どういう選択をされても、それが考え抜いた決断であれば仕方がないと思う。
しばらくオットとポスターを見てましたが(他にも里親募集のポスターもあった)
こういう事が起こりうる以上、鑑札の着用に加えてICチップはやはり、
必要なんだなと思った次第です。


ちゃんと首輪に付けようね。
ちゃらちゃらするので、後で両面テープで軽くひっつけるかな。



【診療明細】
飼い犬登録 3,000円
狂犬病注射 3,000円
狂犬病注射済票交付票 550円
ルゴール30ml 525円

計 7,075円

体重 2.68kg、体温 38.3度

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
いつでも里親募集中
最新CM
[05/09 ペコママ]
[05/07 ちょめ]
[02/17 うーちゃんママ]
[02/14 いちごまま]
[02/08 rey]
最新TB
バナー置き場
リンク用のバナー、作ってみました
ブログ内検索
プロフィール
HN:
月子
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
漫画・ゲーム(今はモンハン♪)
自己紹介:
オタクな夫婦がこのたび、保護犬だったポエットちゃんと一緒に生活する事になりました。
ポエットちゃんと私達の記憶を記すblogです。
カウンター

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne