忍者ブログ
::保護犬だったポメラニアンのポエットちゃんの、新たな犬生の歩み::
[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そんな事もあるの!?

昨日、救急動物病院へ行ってきました。
結果として手術する事なく詰まった石を取り出す事が出来ました。
          :
          :
          :


病院がある最寄り駅。
正午過ぎに着けば良かったので少し距離がありますが歩いて行くことに。


ずっと電車移動だったけど大人しくしてたね、いい子(^-^)
そんなに寒くないから開けてポエちゃんの様子を見てみることに。


あっ、、右目がちょっとうるるん状態に。
爪も出てるし緊張もあるよね。
もう表情が暗い。

さすが都心というべきか、駅周辺は電線もなく歩道の幅も十分で歩きやすい。
道路沿いに何気に展示してある車はフェラーリとか!
値段見てひぇえぇぇぇぇ~っ!て言ってる場合ではない。
カテーテルで押し戻せなかったのだ。
その石をどうやるのか?不安になるが医師の話を聞く前から沈みたくないので、
初めてくる場所、出来るだけ周囲の景色を見て気を紛らわす。


ぐる~っと四角っぽい円になって繋がっている歩道橋。
下は車の通りが激しいからね、これがあると便利。
でも健康体じゃないときっついだろうな、以前腰痛めた事あるから
だとしたら辛いな、と。

天気良くて良かった。
ほどなく病院、緊張して身構えていたのは私だけで拍子抜けするほど穏やかな時間が流れていた。
救急病院なのにと思いながら。

カルテ作成の為に記入し、担当して下さる医師と対面。
持ってきたレントゲン写真と過去出て来た石を見て頂いた。
「こんな大きな石、よく出ましたね(笑)」
ですよね、私もそう思います。
出た時、ぎゃん!といいましたが、それでも出たんですよ。
何度も何度も見て「いやほんと、よく出たなぁ」と先生。
「担当医も同じ事を言っていました(^^)」
という事はだ、こんかい詰まってるのでそれなりの大きさなのだろう。

説明は、手術を視野に入れての検査を行います、と。
僧帽弁閉鎖不全と以前診断されていたので、その事を伝え、
仮に、今日手術出出来るかどうかも含め、石の位置確認の為のレントゲン、
血液検査、胸部エコーを撮る説明を丁寧に受けました。
また、手術は石を戻して膀胱で取る方法や、尿管に詰まった石は
尿管を切開、取ってまた戻すか開いた状態で縫い付けという方法もあります、と。
とにかく尿管と膀胱と二カ所開く手術は大して難しくないが、
ポエの体が手術に耐えられるか。
耐えるだけじゃ無く、術後回復してくれなきゃ・・・もうグルグルです。
なんと言っても、こちらは手術前提でこの病院へ来ました、
そういう気持ちで主人と来たからです。

「1時間ほど検査に時間がかかります」
待っているのも可でしたが、はてしなく沈みそうだし気分転換したかったので、
駅方面に戻ってファミレスに入って昼食を取ることに。
気分転換は大事なことだよ。
これが出来ないと、自分を追い詰めていきそうで。

食事したら眠くなったけどね(笑)
寝不足もあるが、うん、大丈夫。
眠気が来るって私、落ち着いてるよ。
(続きを読むなら下のポチっとなをポチ♪)


PR

いざ。

今朝のポエちゃん。

まだご飯もらってないよ?という感じの訴える目。


レントゲンと採血が待ってるからね、ご飯はちょっと遅くなっちゃうよ。
頑張ろうねっ(^-^)

尿管結石

今年最初の更新が2月になってしまいました。
本年も宜しくお願いいたします!(今頃、、)



さて。
ポエちゃん、尿管に詰まった石をどうにかすべく病院へ行ってきます。

5年ほど前。尿の出がおかしい?⇒膀胱炎だった。
        ↓
僧帽弁閉鎖不全(まだ軽度)のようだし手術にはリスクが生じる。
        ↓
抗生剤を処方しつつ、フードを療養食に変えて定期的に尿検査
        ↓
埼玉に引っ越して事情を説明、最初のレントゲンで石7個見つかる。
        ↓
やはり年齢の事を考えてリスクが高いので、このまま様子見。
        ↓
この4年間(実際は1年半)の間に石が立て続けに5つ出る。


直径5mm程度といってもかなりの存在感。
おしっこと一緒に出て来たのも驚きです。
食事(ヒルズのu/d)を変えず、体重管理と水分補給を気をつけてきました。

幸い膀胱炎になる事はありませんでしたが、
26日(日)あんまりおしっこしないね。

27日(月)朝からおしっこ出ない、おかしい。午前中病院へ連れて行く。⇒膀胱炎の可能性があるので抗生剤を処方してもらう。夕方、尿検査をしてもらい膀胱炎の疑いは消える。

28日(火)再度、連れて行きレントゲン。石が尿管に詰まっていると判明。
今まで石が出て来ていたので、尿管を気持ち広げる薬を試しに服用して様子を見ることに。

29日(水)薬で様子を見るも変化なし、尿の出が少し良くなる程度。

30日(木)休診日

31日(金)朝、少し膀胱辺りをマッサージしながら促すと、それなりの尿が出たので再度レントゲンで石の確認するも変わらず。カテーテルを試みるも改善されず。
(ひとまず膀胱に押し戻そうと試みたのです)
救急病院を紹介してもらい、明日、土曜日のお昼頃の予約を取る。


左が今の病院最初にで取ってもらったレントゲン。
右が今日撮ったレントゲン、石がかなり下まで下ってきています。

何度も何度もトイレをしたい~ってしゃがんだ時にティッシュをあてて、
軽く下腹部を押してあげると、少量出たりしていたので、
膀胱に尿がたまって、パンパンな状態ではありませんでした。
(あまり強くやり過ぎると尿管が破裂する可能性があるので駄目)

救急病院でどういう処置をして頂くのかはわかりません。
もしかしたらその日のうちに手術という事になるかもしれない。
という事も含めて、行ってきます。

出ちゃいました・・・

朝起きてから、必ずトイレに行くので、そのタイミングで尿を取れたらいいんだけど、
問題はどうやってとるか、だ。
一応手で受け止めてもいいように、朝起きてすぐに手だけは洗ったが、
これが結局手で受け止めることとなった。
しゃがんですぐに、タッパーのフタとかくぐらせたけど、
驚いてどいてすぐにしゃがみなおした為にとっさに手でとりました。
後で調べたら、例えばお玉とかで取るとあったけど・・・実際無理っぽいぞ、と。

でも、取れてよかった。
ほんの少しあれば検査できるともいってたっけな。
それなりに取れたし。
これをビニール袋に入れて一時的に冷蔵庫に。
病院までは徒歩20分くらい、温度が上がらないために更に数個の氷を袋に入れたものを
一緒にして運ぶ事にしたのだが。

んー・・・再び、ポエちゃんの様子がちょっとおかしい。
まさかと思ってたけど、出ました、赤っぽい尿が。
あいたたたた・・・今朝取ったときにはどうってことないように見えたのになぁ。
出なかったら尿だけ持っていっての検査だったけど、出ちゃったものね。
再びポエちゃんを連れて病院へ行くことになった。

医師:あれ?注射、効かなかった?
私:今朝、出まして・・・
医師:じゃ、もう一度打っておきますね。

昨日と同じ注射を、再び打たれた。

医師:もう大丈夫と思いますが、また出ましたらすぐに来てください。
私:はい。
医師:でなかったら・・・今度は数日経ってからもう一度様子を見たいので、また尿を取って来てくださいね。
私:わかりました。

あと、注射を打ったバイトリルの錠剤タイプを頂き、それを服用することに。
数日たってから、再び検査に行くこととなりました。
何だか、しばらく通うことになりそうな予感・・・。
でも、大事に至らなくって良かったです。^-^


検尿容器


二錠を、半分に割って1日、1/2錠飲ませます。
(中央で割れるように溝があり、包丁で簡単にパキンと真ん中から割れるようになってます)



【診療明細】
再診料B 300円
皮下注射料 1,200円
バイトリル0.1ml 75円(@15×5ml)
尿検査(ウロペーパー) 800円
尿沈査 1,000円
検尿容器 100円
(抗)バイトリル50 360円(@180×2)

計 4,027円(税込)

体重 2.16kg、体温 -

赤い尿

立川で九州物産展が開催されてたので、オットと言って帰宅してからでした。
異変はすぐにわかりました。

「ごめんね、ご飯だね~」
いつものように準備してる時に、ちっちー。
いつものパターンで特に気にする行為じゃなかった。

でも、今日は違ったの。

何度でも、トイレ(シート)に来てはしゃがむ。
あれ・・・?残尿感でもあったのかしら?
いつもと違う行動、不審に思ってみていたら、何度もおしっこしようとする。
見ると、赤っぽい尿が出ていた。
医者じゃないが、こりゃ間違いなく膀胱炎だわ・・・。
(えぇ、わたくし経験者ですからねー・・・ありゃ、痛いよね。)

私:オット!病院、すぐ準備してよ。
夫:これ、何だろう?
私:多分、膀胱炎。このままだと、ポエちゃん痛いはず。

ざっくり準備して、病院に向かった。
役に立つか不明だが、シートも一緒に持っていった。

医師:これは膀胱炎ですね。

診察室で待ってた医師がそう告げる。
思ってた言葉が出たので、特に驚かなかったけど・・・。

医師:ただ、シートに染み込んでるのは検査に使えないんですよ。
私:はい・・・。(やっぱそうかー・・。でも、あの状況じゃ尿は取れん)
医師:今日は注射を打っておきます。また出るようでしたら、来てください。

とりあえず、注射をしてもらって一安心。

医師:それから、明日、尿を持ってこれますか?
私:え、尿・・・ですか。
医師:検査してみようと思います、できますか?
私:え・・・や、やってみます。あのー・・・手で受け止めても大丈夫ですか?
医師:えぇ、大丈夫ですよ。

うーむ。
犬は飼ったことあるが、尿を取ったことはないぞ、と。
さて、どうやって取るかな。
取らせてくれるだろーか。



【診療明細】
診察料 800円
皮下注射料 1,200円
バイトリトル0.1ml 75円(@15×5ml)
処置料 1,000円

計 3,229円(税込)

体重 2.14kg、体温 -

処方されたお薬

飲み続けるお薬です。
お薬のみ、病院へ取りに行きました。



【診療明細】
エースワーカー0.5mg 1,800円(@60×30)

計 1,890円(税込)

処方されたお薬

飲み続けるお薬です。
お薬のみ、病院へ取りに行きました。



【診療明細】
エースワーカー0.5mg 1,800円(@60×30)

計 1,890円(税込)

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
いつでも里親募集中
最新CM
[05/09 ペコママ]
[05/07 ちょめ]
[02/17 うーちゃんママ]
[02/14 いちごまま]
[02/08 rey]
最新TB
バナー置き場
リンク用のバナー、作ってみました
ブログ内検索
プロフィール
HN:
月子
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
漫画・ゲーム(今はモンハン♪)
自己紹介:
オタクな夫婦がこのたび、保護犬だったポエットちゃんと一緒に生活する事になりました。
ポエットちゃんと私達の記憶を記すblogです。
カウンター

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne