忍者ブログ
::保護犬だったポメラニアンのポエットちゃんの、新たな犬生の歩み::
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年ラストの病院

あっという間の1ヶ月。
今月もやってきましたよ、病院の日。
先月が先月なだけに、今回耳掃除はパスしてもらおうかな・・・なんて思いながら、
とりあえず病院に連れていくので、軽くお散歩に行くことに。

うほっ!

昨夜、ちょっとばかしノニサプリの量が普段よりも多かったのが
うんPにもしっかりでてしまって、久々にお尻の毛にぺったりついてしまった(爆)
(といっても、サプリの量は規定以下である)
だはー・・・あまりにもしつこかったら、ちょっと切っちゃおう。
洗って落とせるかな?いや、この状態で散歩続けるのはちと、恥ずかしい(爆)
幸い、9時過ぎに家を出たのでそんなに人に会うことはなく、
帰宅してからオットが綺麗に洗い流してくれました。

で、お尻を乾かしていたら、あらららもうすぐ11時!
いかーん!とにかく、とっとと準備して早く行くわよっ!!

到着すると、あらビックリ病院の待合室には誰も居ないし。
オットと二人で先月の事がよぎる。
まさか、また、獣医師が一人しか居ないって状況じゃないよね?
恐る恐る入ると、一組は診察中なのが見えた。
診察カードを渡す時に、先月診断してくださった獣医師を指定、
待つこと5分で今回は呼ばれた。

実は人が居なかったんじゃなくて、たまたま空いてたのだ。
スタッフの方もいつも以上に人が居て、奥をみたら数人いらっしゃった。

と、ここで私の携帯電話がブルった。
珍しく実家から!まず、実家から携帯電話にかかることがなかったので、
ポエちゃんをオットに託して私は病院の外で電話に出る。
ま、内容的には大したことがなかった、家に電話するも留守だったので
携帯電話にかけたというだけの事でした、ちょっとビックリしたから
安心しちゃったよ。

1分もしないうちに診察室に戻ると、あれ?いつも体温とか測定して下さる
人じゃないね、8月に爪を切ってくださったお姉さんじゃん!
あの時はとても丁寧に、ポエちゃんにも優しく話しかけて下さり、
私としてはかなり好印象だったので、何だかちょっと嬉しかった。
名前は知りませんが、またお会いできて~♪みたいな感じ。

指名した獣医師が入ってくる、先月の様子を聞いてたので、
改めてポエちゃんの様子を聞かれた。
試しに、台からおろして歩かせたり、足の動きを見たり、
ラストは心音のチェックを。

結果は全て、異常なし。
獣医師曰く、

「ヘルニアの第一段階として、痛くていきなり、ギャン!とかなきます、
凄く痛がって。
で、第二段階で後ろ足がこう、足先がまるくなった感じになり、
引きずるように歩き出します。
手術するにしても、麻酔も当然しますし、何より、ここの病院ではできませんので、
他の病院にお願いすることになってきます。
ですが、様子を伺う感じでは大丈夫のようで、引き続き様子をみていきましょう」

とのコトでした。
お散歩する時に必ずポエちゃんの様子を見るようにしてますが、特に問題なし。
あまり気にせずに見守っていきたいな、と思います。
これから寒くなりますから、腰は冷やさないように、湯たんぽとか側に置いてあげようっと。

「耳掃除、されますか?」

と聞かれたので、全く予定していなかったのですが、恐る恐るお願いしてみた。
だがやはり、耳を触ると完全・拒絶(爆)
そこで、あの、爪を切ってくださったお姉さんも参戦、トリマーさんだそうだ。
彼女が体を押さえる役だったが、やはり暴れるポエちゃん、
仕方が無く、私達に軽く了承を得て、顔あたりを押さえることに。
押さえどころを心得ているのか、動けないポエちゃん。
当然、恐怖からがギャンギャン鳴かれましたが、それも最初だけ。
みんなで優しく声をかけて、耳の中を掃除してもらうと、とたんに、
何事もなかったかのような表情に。
「痛くないよ~、痛いことしてないよ~、ほら、いい子ね」
トリマーのお姉さん、ずっと優しい声をかえて下さって、
飼い主のこちらが癒されました。えへへ。

そうなんだよね、怖い・痛いという記憶だけなんだよね。
本当は痛くないんだけど・・・。

ただ、左右あまりにも、最初はギャンギャン鳴いたので、
「うちのスタッフが痛くしましたか?」と先生、聞いてきた。
いえいえ、そんな事はないと思いますが・・・
最初の、痛いという記憶が残っているだけだと思います。
そんな会話をして、無事に洗浄まで終了、ご褒美に、ボーロを持ってきてたので、
ボーロを見せてからあげようとしたが、最初はボーロの存在も気付かないくらいに
興奮してた様子、静かになっても、ほけ~・・・となってました。

「根気がいりますが、怖くない、痛くないんだと覚えてもらうしかないですね」

と、先生。
うん、確かにそうですわ、でも、そう言ってくださるのでちょっと安心しました。
診察が終わったポエちゃんは、まったく、今までの状態がナンだったのか?
というくらいに、ケロっとした表情。
診察室は暖房が効いていてえらく暑く、ラストは暑がってはぁはぁいってる様子。

今日は来たタイミングが良くて、さくっと看てもらい、爪も切ってもらって終了。
相変わらず手際が良い爪きりだわ・・・後ろ足切るとき、ポエちゃんの体を
抱え込んで抱き上げてる感じ、うまく切るな~。
こうやると負担がかからないのかな。

とりあえず、ラストのフィラリアのお薬もらって帰宅。
帰宅後、だっこバックから降ろすとお水の所に直行、がぶ飲み(爆)
吠えたし、ボーロ食べたからお口がかわいたんだろうね。
ふふふ、でも、良かった。



【診療明細】
フィラリア薬3.7kg以下 560円
耳処置 500円
爪きり 500円

計 1,638円(税込)

体重 2.62kg、体温 38.2度
PR

Trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いつでも里親募集中
最新CM
[05/09 ペコママ]
[05/07 ちょめ]
[02/17 うーちゃんママ]
[02/14 いちごまま]
[02/08 rey]
最新TB
バナー置き場
リンク用のバナー、作ってみました
ブログ内検索
プロフィール
HN:
月子
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
漫画・ゲーム(今はモンハン♪)
自己紹介:
オタクな夫婦がこのたび、保護犬だったポエットちゃんと一緒に生活する事になりました。
ポエットちゃんと私達の記憶を記すblogです。
カウンター

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne